子育て介護支援

慶應義塾では、教職員の「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)」を実現するため、様々な支援制度を設けています。

縮小図 慶應義塾における子育て支援制度の概要 (専任教職員のみなさま)

※上の図をクリックすると、専任教職員のみなさま向けのPDFファイルをダウンロード〈keio.jp認証〉することができます。
有期教職員(常勤)のみなさま向けのPDFファイルはこちらをクリックしてください。



慶應義塾における雇用形態に応じて、受けられる支援、適用される制度が異なります。ご参考までに専任教職員のみなさま向けに適用される制度を一覧にしました。内容の詳細、または他の雇用形態のみなさまに適用される制度の詳細は一覧内の各問い合わせ先にご照会ください。

結婚

旧姓使用

慶應義塾に勤務する教職員は、戸籍上の氏を改めたのちも、希望すれば引き続き、婚姻等の前の戸籍上の氏(旧姓)を使用することができます。

問い合わせ先

人事部人事企画担当
信濃町人事課(人事企画担当)

妊娠

保存休暇(不妊治療を目的とする)

不妊治療を目的として、半日単位で保存休暇を使用することができます。所定の証明書または医師の診断書をあわせて提出してください。

通院(妊娠中)

妊娠中の職員が、保健指導または健康診査のために勤務時間内に通院する必要がある場合は、本人の申請により、勤務時間内に有給扱いで通院することができます。

産前・産後休暇

教職員が本人の出産前後に、産前7週間(多胎妊娠の場合は14週間)、産後8週間の休暇を取得することができます。

問い合わせ先

人事部人事企画担当
信濃町人事課(人事企画担当)

出産

出産育児一時金・家族出産育児一時金

慶應義塾健康保険組合の被保険者・被扶養者が出産したときには、出産育児一時金を受けることができます。

出産手当金

慶應義塾健康保険組合の被保険者が出産して、産前42日間、産後56日間の期間中給与の支払いがない、または低い場合、手当金を受けることができます。

問い合わせ先

慶應義塾健康保険組合

出産費用補助

義塾教職員およびその家族(配偶者・子)が慶應義塾大学病院で出産した場合に、費用補助を受けることができます。

問い合わせ先

病院医事統括室

育児

育児休職

教職員が子を養育する場合、所定の基準により、希望すれば休職することができます。詳しくは諸規程をご覧ください。

育児時間

生後満1年に達しない子を育てる女性職員は、本人の請求により、1日2回各々30分、または1日1回60分、育児時間(有給)を取得することができます。

短時間勤務(育児)

育児休職の条件に該当する教職員は、1日につき30分単位で、2時間を限度として、始業または終業時(看護職の場合は終業時のみ)において、勤務時間を短縮することができます。

看護休暇

小学校2年生になる前の子を育てる教職員は、対象となる子が病気等の場合の看護のために、1日もしくは30分単位で、子の看護のための休暇を取得できます。詳しくは諸規程をご覧ください。


問い合わせ先

人事部人事企画担当
信濃町人事課(人事企画担当)

病児・病後児保育補助

慶應義塾に勤務する教職員が、就業している日に子どもが急な病気で通常の保育サービスを受けることができず病児・病後児保育サービスを利用した場合、1日当たり6,000円(本人負担額を上限)の補助を受けることができます。(子1人につき年間10日間まで)。

 病児・病後児保育利用に対する補助について

慶應義塾保育所(信濃町地区のみ)

信濃町地区で勤務する専任の教職員が、産休・育休終了時に子供を保育する者がいない場合で、かつ公立、私立の保育施設の入所が困難な場合、受け入れ施設が決まるまでの間、お子様をお預かりすることができます。

 慶應義塾保育所

問い合わせ先

人事部給与厚生担当
信濃町人事課(給与厚生担当)
※慶應義塾保育所(信濃町地区のみ)につきましては信濃町人事課(給与厚生担当)にお問い合わせください。

介護

介護休暇

要介護状態にある家族がいる教職員は、家族の介護のために、1日もしくは30分単位で、介護のための休暇を取得できます。詳しくは諸規程をご覧ください。

介護休職

要介護状態にある家族がいる教職員は、所定の基準により休職することができます。詳しくは諸規程をご覧ください。

保存休暇(介護を目的とする)

慶應義塾に勤務する専任職員は、配偶者および父母・子・配偶者の父母が傷病により介護を必要とする場合に、対象家族1人について75日を限度として、保存休暇を使用することができます。

短時間勤務(介護)

介護休職の条件に該当する教職員は、1日につき30分単位で、2時間を限度として、始業または終業時(看護職の場合は終業時のみ)において、勤務時間を短縮することができます。

問い合わせ先

人事部人事企画担当
信濃町人事課(人事企画担当)

その他の案内

慶應義塾育児支援プログラム(KIDS)

慶應義塾協生環境推進室では、研究・教育・診療に携わる教職員の仕事と子育てとの両立を強力に支援するため独自に育児支援プログラムを提供しています。詳細は専用サイトをご覧ください。

慶應義塾育児支援プログラム(KIDS)

メディアセンターへのお子さまを連れての入館

子育てをしながら学習・研究に取り組む方々を支援するために、メディアセンターは小さいお子さまを連れても入館していただけます。
詳細は、メディアセンターのWebサイトを参照してください。

問い合わせ先

各キャンパスのメディアセンター

科研費からの託児費用支出

以下のような場合に支出することになる託児サービス利用料について、科研費からの直接経費で支出することが可能です。
 ・休日に開催される学会に参加される場合
 ・学会への参加のために宿泊を伴う場合
また、補助事業に関連した学会、研究集会を主催する場合で、会場内に託児施設を設置する際にかかる費用も支出することが可能です。
いずれも詳細は、各キャンパスの学術研究支援担当までお問い合わせください。

問い合わせ先

各キャンパスの学術研究支援担当

Benefit Station

慶應義塾の福利厚生総合プランとして、(株)ベネフィット・ワンと提携したサービスです。育児・介護に関わるメニューが提供されています。

Benefit Station

問い合わせ先

慶應義塾健康保険組合

義塾の制度案内

慶應義塾諸規程集

慶應義塾の諸規程、諸規則は塾内からのみ閲覧可能です。

慶應義塾諸規程集

問い合わせ先

総務部

義塾内施設

ベネッセ日吉保育園 トゥインクル一時保育室

就労有無に関わらず利用できます。慶應義塾の教職員(専任・非専任)、慶應義塾の塾生(大学生・大学院生)、慶應義塾大学および大学院の卒業生、慶應義塾一貫教育校(ニューヨーク学院を含む)の卒業生および在籍生徒の保護者は、10%の割引が受けられます。

ベネッセ日吉保育園 トゥインクル一時保育室